トップさんにお世話になってココが変わった!

株式会社 加藤組 様

加藤喜大社長、加藤聡彦専務より

 トップさんにお世話になる前は税務や会計に関する情報を得る機会・きっかけが少なく、知らないことが多かったように思えます。トップさんからは毎月の来社時に様々な情報を提供してもらえているので非常に助かっています。ふるさと納税や中小企業倒産防止共済は早速活用しましたし、役員賞与を事前に税務署に届け出る事前確定届出給与は今後活用していきたいと思っています。また、各種補助金や助成金についてもタイムリーに必要な情報を教えてもらえるので、積極的に活用できています。こういった情報を自分たちで集めるのは非常に大変なため自然と教えてもらえる環境にあるのは有難いですし、今後も継続してもらいたいと感じています。

 決算月を変更したいと思っていたのですが、以前の会計事務所に相談してもなかなか対応してもらえませんでした。トップさんは相談後すぐに具体的な打合せをするなど決算月変更に向けて動いてくれました。業務が落ち着く時期に決算月を変更することで決算数値の予測がより正確になり、様々な対策が検討できることを期待しています

 毎月来社してもらい正確な会計数値が提供されるのは非常に安心できます。知り合いの経営者から会計事務所によって会社が良くなるか良くならないかが決まると言われたことがあります。今はまさにその通りだと感じています。

経理の遠藤マユミ様より

 以前は手書きで帳簿を作成していましたが、トップさんにお世話になるタイミングで会計システム(建設業用会計情報データベース「DAIC2」)を導入しました。最初は入力の仕方や勘定科目など覚えることが多く大変でしたが、慣れてくると手書きよりも合理化できていることに気付きました。業者からの請求書を工事ごと、費目ごとに集計することは手間がかかりますが、会計伝票入力時に工事番号や費目を選択することで工事台帳が自動で作成されることは特に便利だと感じています。

 また、納税についてはこれまで納付書を手書きで作成して金融機関で納付していましたが、ダイレクト納付による口座振替を教えてもらい納税手続きについても便利になりました。

 システム面でわからないことがあるとリモートディスプレイサービスにより電話をしながら画面を見て正確に教えてくれます。このようなサポート体制は非常に助かっています。

取引金融機関の担当者様より

 最も良かったと感じていることは、TKCモニタリング情報サービスにより月次試算表が電子データでタイムリーに提供されることです。月次試算表に添付されている月次決算報告シートも非常に有用です。経理の遠藤様に別途作成してもらっていた取引先ごとの売上高に関して、月次決算報告シートでは会計システムと連動して取引先別売上高推移表が自動で作成されています。金融機関としては知りたい情報がすべて自動で送付される仕組みとなり、企業の現状把握が容易になりました。企業側としても金融機関に提出する資料を別途作成する手間が無くなり助かっているのではないかと感じています。

 また、トップさんでの最初の決算で貸借対照表のうち過去から滞留していたものを整理してもらい、より実態の見える決算書になったと思います。適切な会計数値であってこその経営判断材料ですので金融機関にとっても企業にとっても良かったのではないでしょうか。