TKCのシステムを活用しています!!

株式会社 ブレーン  代表取締役社長 太田克彦 様

 URL : https://www.brain-ad.com/

 FX2、PX2、SX2、FinTech、Web給与明細サービス、部門別管理、社長メニュー等すべての機能を導入されていますが、どの機能が一番使いやすいですか?

一番楽になったのはやはりFinTech(銀行信販データ受信機能)ですね。
導入前はまず、「伝票を起こし、それを見て預金を入力し、入力をした数字を見直す」という作業をしていましたが、導入後はデータを読み込み確認するだけで正確な数字を読み込んでくれるので、今まで費やしていた時間を他の業務で有効に使えるようになり、大変ありがたいです。
また、学習機能があるので、入力等の見直しも大変楽になりました。帳簿と銀行の残高の整合性も取ることができるので、とても便利ですね。
クレジットカードとも連動出来ると聞いたので、そちらも使ってみたいと思いました。あと、最近ダイレクト納付の設定をしてもらい、源泉所得税の納付がWebで出来るようになりました。今は国税のみで地方税は振込に行かないといけませんが、今のうちに入力等に慣れて、地方税のダイレクト納付が出来るのを待っています。

Web給与明細サービスを利用するようになり、給与明細の確認が便利になったのではないかと思いますが、いかがでしょうか?

従業員からは、非常に好評です。
弊社は営業を主としている会社のため、常に社内にいない者も多く、外回り先で仕事している者がほとんどです。1~2ヶ月会わない者もいるので、給与明細を印刷し、その都度郵送していました。
しかしWeb給与明細サービスを導入したことにより、作業効率が上がりました。
ボタン一つで給与明細をWebにあげることができ、今まで当たり前に行っていた
作業である明細書の印刷、封入、郵送という手間を省くことが出来ました。現場に直行している従業員や家庭の都合ですぐに確認したい社員からは、よろこばれています。
提供する側は業務時間が、提供される側は確認するまでの時間が短縮され、さらに郵送等にかかるコスト削減につながり、導入して非常に良かったと思います。

部門別管理を利用してみていかがでしょうか?

弊社は担当者別に管理をしています。
担当者ごとに売り上げや経費等の把握ができるので、業績の動向をつかみやすく、数字がおかしければすぐに気付いて、迅速な対策をとることができます。
TKCシステムの様々な機能を活用することで経理業務の合理化が図れさらにタイムリーに会社の業績を把握出来るため、今後の会社経営に役立てていきたいです。